伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

色彩間苅豆

【いろもようちょっとかりまめ】

【IROMOYOCHOTTOKARIMAME】

 
  • かさねに切りかかる与右衛門 『法懸松成田利剣』12代目市川團十郎の与右衛門 7代目尾上菊五郎のかさね 1995年(平成7年)4月国立劇場(Y_E0100193000139)
 通称【つうしょう】『かさね』とよばれる清元【きよもと】の舞踊劇【ぶようげき】です。1823年(文政【ぶんせい】6年)森田座【もりたざ】で上演された4代目鶴屋南北【つるやなんぼく】作の『法懸松成田利剣【けさかけまつなりたのりけん】』の一場面として初演されました。長い間中絶していましたが、1920年(大正2年)に6代目尾上梅幸【おのえばいこう】と15代目市村羽左衛門【いちむらうざえもん】によって復活されて以来、たびたび上演されるようになりました。敵【かたき】同士とは知らずに恋人【こいびと】となった与右衛門【よえもん】と累【かさね】が登場する作品で、前半は累が恋心を訴【うった】える「クドキ」、後半は祟【たた】りによって顔が醜【みにく】く変わった累の迫力【はくりょく】ある演技が見どころです。

おすすめコンテンツ

関連項目

ページの先頭に戻る