伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

市村座

【いちむらざ】

【ICHIMURAZA】

 
  • 猿若町時代の市村座 『東都繁栄乃図』国立劇場所蔵(61793)
 江戸時代から続いた芝居小屋【しばいごや】。1667年(寛文【かんぶん】7年)頃【ごろ】、初代市村宇左衛門【いちむらうざえもん】が、芝居小屋を買い取り「市村座」と名づけたのが始まりといわれています。
 1842年(天保【てんぽう】13年)に、葺屋町【ふきやまち】から猿若町【さるわかまち(ちょう)】へ、その後1892年(明治25年)には、下谷二長町【したやにちょうまち】へと移転しました。この場所で、大正から昭和初期にかけて、初代中村吉右衛門【なかむらきちえもん】や6代目尾上菊五郎【おのえきくごろう】が活躍【かつやく】しました。
 1932年(昭和7年)に焼失し、再興されることはありませんでした。

おすすめコンテンツ

関連項目

ページの先頭に戻る