伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

市村家

【いちむらけ】

【ICHIMURAKE】

 
  • 15代目市村羽左衛門 『源平布引滝』「九郎助住家」斎藤実盛 1941年(昭和16年)4月歌舞伎座 国立劇場所蔵(002213)
 市村座【いちむらざ】の座元【ざもと】の家柄【いえがら】です。座元とは、その芝居小屋【しばいごや】に関するすべてに責任をもつ経営者のような立場です。市村座の座元は、代々市村羽(宇)左衛門【いちむらうざえもん】を名乗りました。中には俳優を兼ねた人もいます。坂東彦三郎家【ばんどうひこさぶろうけ】と古くから親戚【しんせき】関係にありました。
 15代目市村羽左衛門からは、俳優を専門としました。15代目羽左衛門は、明治から昭和にかけて活躍【かつやく】した俳優です。二枚目【にまいめ】を得意とし、爽【さわ】やかなセリフ回しで人気を集めました。

関連項目

ページの先頭に戻る