伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

市川團十郎[2代目]

【いちかわだんじゅうろう】

【ICHIKAWADANJURO】

 
  • 2代目市川團十郎 一陽斎豊国筆
 市川團十郎[2代目](1688~1758)。初代市川團十郎【いちかわだんじゅうろう】の長男です。若い時に父を失い、16歳【さい】で團十郎を襲名【しゅうめい】しています。先代とは顔も体つきも似ており、また熱心な修行によって実力もつけ、團十郎の名を大きくしました。
 得意とした演目【えんもく】は、『助六【すけろく】』『毛抜【けぬき】』『矢の根【やのね】』などで、さらに荒事【あらごと】を洗練させるとともに、和事【わごと】の上でも活躍【かつやく】しました。『助六』に現在のような和事を取り入れたのも2代目團十郎です。

関連項目

ページの先頭に戻る