伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

市川家(團蔵系)

【いちかわけ(だんぞうけい)】

【ICHIKAWAKE(DANZOKEI)】

 
  • 7代目市川團蔵 『伽羅先代萩』「足利家床下」仁木弾正 1908年(明治41年)4月歌舞伎座 国立劇場所蔵(004605)
 市川團十郎【いちかわだんじゅうろう】家の弟子の家柄【いえがら】で、元禄【げんろく】時代から続いています。4代目市川團蔵【いちかわだんぞう】は、小柄【こがら】でしたが器用で、所作事【しょさごと】や早替り【はやがわり】、立廻り【たちまわり】を得意としました。明治時代に活躍【かつやく】した7代目市川團蔵は、7代目市川團十郎の弟子で、特に敵役【かたきやく】が得意でした。

関連項目

ページの先頭に戻る