伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

市川家(段四郎・猿之助系)

【いちかわけ(だんしろう・えんのすけけい)】

【ICHIKAWAKE(DANSHIRO・ENNOSUKEKEI)】

 
  • 2代目市川猿之助(後の初代市川猿翁) 『連獅子』親獅子の精 1944年(昭和19年)1月明治座 国立劇場所蔵(005000)
 9代目市川團十郎【いちかわだんじゅうろう】の弟子で、明治・大正時代に活躍【かつやく】した2代目市川段四郎【いちかわだんしろう】からが有名です。2代目段四郎は、舞踊【ぶよう】や義太夫狂言【ぎだゆうきょうげん】の役を中心に活躍しました。またケレンも得意とし、息子の2代目市川猿之助【いちかわえんのすけ】(後の初代市川猿翁【いちかわえんおう】)は、舞踊にバレエの演技を取り入れたり、新作を上演するなどして人気を集めました。2代目の孫に当たる3代目猿之助は、歌舞伎界にスーパー歌舞伎で新風を吹【ふ】き込【こ】みました。

関連項目

ページの先頭に戻る