伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

市川家(團十郎系)

【いちかわけ(だんじゅうろうけい)】

【ICHIKAWAKE(DANJUROKEI)】

 
  • 代々の團十郎 (左から1枚目)左下4代目 左上6代目 右3代目 (中央)左下9代目 左上8代目 右7代目 (左から3枚目)下2代目 左上初代 右上3代目 『優長市川系譜』国立劇場所蔵(06138)
 元禄【げんろく】時代、初代市川團十郎【いちかわだんじゅうろう】は、初めて荒事【あらごと】を演じました。以来、荒事は江戸歌舞伎の代表的特徴【とくちょう】となります。2代目團十郎は、『鳴神【なるかみ】』『毛抜【けぬき】』『矢の根【やのね】』などの演目【えんもく】を得意とし、初代が始めた荒事を洗練させました。また和事【わごと】も得意で、現在の『助六【すけろく】』の原型を作りました。
 5代目團十郎は、荒事の役だけでなく女方【おんながた】もこなせた役者で、江戸中期を代表する名優です。
 7代目團十郎は、文化【ぶんか】・文政【ぶんせい】時代に活躍【かつやく】しました。荒事や和事をはじめ、4代目鶴屋南北【つるやなんぼく】作の『東海道四谷怪談【とうかいどうよつやかいだん】』などの生世話物【きぜわもの】や所作事【しょさごと】にも優れた演技を見せました。1832年(天保【てんぽう】3年)には、初代から代々受け継【つ】がれた荒事の代表的な役をまとめ、歌舞伎十八番【かぶきじゅうはちばん】を定めました。また1840年(天保11年)に歌舞伎十八番『勧進帳【かんじんちょう】』を初演しました。
 8代目團十郎は、美しい二枚目【にまいめ】役者として大変人気がありましたが、わずか32歳【さい】で、この世を去りました。
 このように市川團十郎家は、初代が生み出した荒事を基本としながら、さまざまな役を演じられる名優が多かったため、人気・実力ともに江戸歌舞伎を代表する役者の名家となったのです。

おすすめコンテンツ

関連項目

ページの先頭に戻る