伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

市川家(小團次系)

【いちかわけ(こだんじけい)】

【ICHIKAWAKE(KODANJIKEI)】

 
  • 幕末の名優 4代目市川小團次(左) 『桜荘子後日文談 雪峰子離別の場』国立劇場所蔵(02058)
 代々の市川小團次【いちかわこだんじ】の中では、4代目が江戸時代末期の名優として知られています。もともとは上方【かみがた】の俳優でしたが江戸に出て、河竹黙阿弥【かわたけもくあみ】の作品を中心に演じました。小柄【こがら】でしたがセリフがうまく、生世話物【きぜわもの】を得意としました。
 4代目小團次の養子である初代市川左團次【いちかわさだんじ】は、明治時代を代表する俳優の一人です。やはり河竹黙阿弥の作品を多く演じ、明治座【めいじざ】を中心に活躍【かつやく】しました。息子の2代目市川左團次は、当時は演じられていなかった歌舞伎十八番【かぶきじゅうはちばん】の『鳴神【なるかみ】』や4代目鶴屋南北【つるやなんぼく】の作品を復活させました。また多くの新歌舞伎【しんかぶき】の作品も演じました。

おすすめコンテンツ

関連項目

ページの先頭に戻る