伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

出雲の阿国

【いずものおくに】

【IZUMONOOKUNI】

 
  • 財団法人大和文華館蔵 撮影 城野誠治
 出雲の阿国(生没年未詳)。1603年(慶長【けいちょう】8年)、京でかぶき踊り【かぶきおどり】を演じ、歌舞伎をはじめた人物といわれます。出雲大社【いづもたいしゃ】に仕える巫女【みこ】と称【しょう】していましたが、くわしいことは分かっていません。当時多くの芸能は、河原や寺社の境内【けいだい】などに作られた仮設の舞台【ぶたい】で演じられ、興行が終わると舞台は取り壊されました。しかし阿国は、かぶき踊りで人気が出た頃【ころ】には、京都の北野神社【きたのじんじゃ】の境内に自分専用の舞台を作って踊ったといわれています。1607年(慶長【けいちょう】12年)には、江戸城でおどったという記録も残っています。
 確実な記録は数少ないですが、江戸時代から「歌舞伎を始めた人物」とされていて数々の伝説が生まれました。阿国のような女性の芸人がかぶき踊りをはじめ、女歌舞伎【おんなかぶき】が生まれ、その流れが現在の歌舞伎につながっていることは間違【まちが】いありません。

おすすめコンテンツ

関連項目

ページの先頭に戻る