伝統芸能の保存及び振興を行う独立行政法人日本芸術文化振興会が運営するサイトです。

荒事

【あらごと】

【ARAGOTO】

 
  • 荒事の代表的な役の一つ鳴神 『雷神不動北山桜』12代目市川團十郎の鳴神 1996年(平成8年)1月国立劇場(Y_E0100197000303)
 元禄【げんろく】時代の江戸で初代市川團十郎【いちかわだんじゅうろう】によって創始された、荒々しく豪快【ごうかい】な歌舞伎の演技を指します。荒事の持つ力強さ、おおらかさは武士の気風が色濃【こ】い江戸の人々に好まれ、元禄時代以降、荒事は江戸を中心に発展しました。『鳴神【なるかみ】』をはじめとする歌舞伎十八番【かぶきじゅうはちばん】の他、『菅原伝授手習鑑【すがわらでんじゅてならいかがみ】』の「車引【くるまびき】」の場や、『国性爺合戦【こくせんやかっせん】』の和藤内【わとうない】役などに見ることができます。
 荒事の主人公は、隈取【くまどり】という化粧【けしょう】や誇張【こちょう】された衣裳【いしょう】が特徴【とくちょう】で、見得【みえ】や六方【ろっぽう】など独特の演技の様式が見られます。立役【たちやく】の中で、荒事で演じられる役柄【やくがら】は「荒事」として分類されます。

おすすめコンテンツ

関連項目

ページの先頭に戻る