阿古屋

【あこや】

【AKOYA】

 
  • 胡弓を弾く阿古屋 『壇浦兜軍記』 5代目坂東玉三郎の阿古屋 1997年(平成9年)1月国立劇場(Y_E0100202000138)
 『壇浦兜軍記【だんのうらかぶとぐんき】』の「阿古屋琴責【あこやことぜめ】」とよばれる場面に登場する傾城【けいせい】です。傾城の中でも大役の一つで、典型的な傾城の扮装【ふんそう】である豪華【ごうか】な打掛【うちかけ】や俎板帯【まないたおび】という姿で登場します。阿古屋を演じる女方【おんながた】は、舞台【ぶたい】上で実際に琴【こと】・三味線【しゃみせん】・胡弓【こきゅう】を演奏します。しかしただ演奏するだけでなく、その時の阿古屋の心情も表現しなくてはならないため、大変難しい役とされています。

おすすめコンテンツ

関連項目

  • 壇浦兜軍記

    【だんのうらかぶとぐんき】 【DANNOURAKABUTOGUNKI】
  • 打掛

    【うちかけ】 【UCHIKAKE】
  • 【こと】 【KOTO】
  • 三味線

    【しゃみせん】 【SHAMISEN】
  • 女方

    【おんながた(おやま)】 【ONNAGATA】
  • 責め場

    【せめば】 【SEMEBA】

ページの先頭に戻る