トップページに戻る 文化デジタルライブラリー 演目解説 菅原伝授手習鑑
舞台の役者が、一瞬演技をとめて絵姿のようになって睨む歌舞伎独特の表現です。江戸歌舞伎の力感溢れる荒事の芸から始まりました。感情が最高潮に達すると、一呼吸あってポーズを決めた瞬間に、目を寄せて睨みます。この時、ツケの音が効果音として見得を引き立たせます。
  菅原伝授手習鑑 > 菅原伝授手習鑑コース > カブキもの > 見得 前のページに戻る
(C)2003 Japan Arts Council, All rights reserved

ページの先頭に戻る