歌舞伎事典
寿曽我対面
『寿曾我(対面)』 梅堂豊斎筆

寿曽我対面【ことぶきそがのたいめん】

 曽我十郎【そがのじゅうろう】と五郎【ごろう】の兄弟が、父の敵である工藤祐経【くどうすけつね】に「対面」する作品です。略して『対面』ともいわれます。
 歌舞伎の役柄【やくがら】や衣裳【いしょう】、動き、音楽などに典型的な要素が多く含【ふく】まれ、現在でもよく上演されます。


<関連項目【かんれんこうもく】>

衣裳曽我五郎曽我十郎役柄
このウィンドウを閉じる
Copyright 2001-2003 Japan Arts Council, All rights reserved.