歌舞伎事典
尾上家
5代目尾上菊五郎 『梅雨小袖昔八丈』「永代橋」髪結新三 国立劇場所蔵(003677)

尾上家【おのえけ】

 尾上菊五郎【おのえきくごろう】を中心とする江戸歌舞伎の名門の家柄【いえがら】です。代々世話物【せわもの】を得意にしました。
 3代目尾上菊五郎は幕末の名優です。さまざまな役柄【やくがら】をこなし、写実的な演技が得意でした。4代目鶴屋南北【つるやなんぼく】作の『東海道四谷怪談【とうかいどうよつやかいだん】』では、お岩【おいわ】など3つの役を演じました。5代目菊五郎は、明治時代を代表する俳優の一人です。河竹黙阿弥【かわたけもくあみ】作の世話物に実力を発揮【はっき】しました。6代目尾上梅幸【おのえばいこう】は、5代目菊五郎の養子です。大正・昭和を代表する女方【おんながた】です。6代目菊五郎は大正から昭和にかけて活躍【かつやく】し、舞踊【ぶよう】や世話物が得意でした。
 菊五郎家には、代々の得意な役を集めた『新古演劇十種【しんこえんげきじゅっしゅ】』があります。




<関連項目【かんれんこうもく】>

女方河竹黙阿弥
世話物鶴屋南北[4代目]
東海道四谷怪談


このウィンドウを閉じる
Copyright 2001-2003 Japan Arts Council, All rights reserved.