能楽

(グローバル ナビゲーションここから)

(グローバル ナビゲーションここまで)

(本文ここから)

世阿弥のいた環境

戻る

中世の諸芸能

中世には様々な芸能が演じられており、互いに影響しあっていました。
ここではいくつかの芸能を通して、能が成立した環境を見ていきます。

【延年(えんねん)】 ― 寺院の芸能 ―

中世までの日本芸能は寺院や神社と密接な関係がありました。平安時代から寺院の法会(ほうえ)の後などに、延年という芸尽くしの会を催すことがありました。そこでは、僧に仕える児(ちご)による歌舞や、言葉の機知の芸、華麗な舞台装置を特色とする風流(ふりゅう)など、数多くの芸能が行われたのです。この延年の場が能の成立にも深く関わっています。


1/3

(本文ここまで)


ページの先頭に戻る