能楽

(グローバル ナビゲーションここから)

(グローバル ナビゲーションここまで)

(本文ここから)

世阿弥のいた環境

戻る

結崎座と観世座

観阿弥や世阿弥は、猿楽の本芸である『翁(おきな)』[式三番(しきさんばん)とも]を演じることを主な目的とする大和猿楽四座の1つ、結崎座(ゆうざきざ)に属していました。「座」とは、同業組合的な組織のことです。大和猿楽四座には、結崎座のほか、外山座(とびざ)・坂戸座(さかどざ)・円満井座(えんまんいざ)があります。これらの座のメンバーは、もともと翁をつとめる「長(おさ)」と呼ばれる長老を代表者として、春日社の若宮祭や興福寺(こうふくじ)・多武峰寺(とうのみねでら)の法会(ほうえ)の際に、神事猿楽を勤めることを義務としていました。

南大門薪能 『奈良水屋能図』(永青文庫所蔵)より

南大門薪能 『奈良水屋能図』(永青文庫所蔵)より

拡大して見る

1/2

(本文ここまで)


ページの先頭に戻る