能楽

(グローバル ナビゲーションここから)

(グローバル ナビゲーションここまで)

(本文ここから)

世阿弥のいた環境

戻る

家族

世阿弥の父、観阿弥(かんあみ、1333~84)は、観世座(かんぜざ)の基礎を作ったのみならず、足利義満が初めて能を見た京都の今熊野(いまぐまの)での演能以降、将軍の評価を得て、能が大きく飛躍するきっかけを作った人物でした。彼は乙鶴(おとづる)という曲舞(くせまい)の芸人に学ぶことにより、それまでメロディーの面白さを中心にしていた猿楽(さるがく)の謡(うたい)に、曲舞の拍子の面白さを組みこんで、初めての猿楽の曲舞である『白鬚(しらひげ)の曲舞』などを作りました。広い芸域を持ち、大男であったのに女能では細々と見え、『自然居士(じねんこじ)』を演じる時などは少年の歳のように見えたといいます。

今熊野神社(京都府・新熊野神社)

今熊野神社(京都府・新熊野神社)


1/3

(本文ここまで)


ページの先頭に戻る