能楽

(グローバル ナビゲーションここから)

(グローバル ナビゲーションここまで)

(本文ここから)

能の鑑賞【井筒】

  • 概要・あらすじ
  • 演出のポイント
  • 詞章

能 (観世流) 『井筒』 平成18年11月11日 国立能楽堂
〔シテ〕山本順之 〔ワキ〕工藤和哉

●季節:秋  ●場数:2場  ●舞台:大和の国石上(いそのかみ)の在原寺(ありわらでら)旧跡[奈良県天理市]  ●登場人物:〔前シテ〕里の女、〔後シテ〕紀有常(きのありつね)の娘の霊、〔ワキ〕旅の僧、〔アイ〕里の男

井筒(いづつ)

作者:世阿弥/題材:『伊勢物語』17段・23段・24段

あらすじ

月の美しい夜に旅の僧が在原寺のあたりを訪れ、昔、この近くに住んでいた在原業平(ありわらのなりひら)とその妻であった紀有常(きのありつね)の娘を懐かしみ、供養します。そこへ若い女が現れ、墓の主が業平であることを教え、業平と有常の娘の古(いにしえ)の恋物語を語り始めます。女は、自分こそ有常の娘で「井筒の女」とも呼ばれた者だと明かし、井筒の陰に姿を消します。近在の男から2人の詳しい話を聞いた僧が、夢での再会を待ちつつ眠りにつくと、業平の形見の衣と冠を身につけた有常の娘の亡霊が現れます。霊は静かに舞を舞い、井戸の水面に映る自分の姿をじっと見つめ、業平をしのびます。やがて、夜が明けるとその姿は消え、僧の夢も覚めるのでした。秋の静かな夜の古寺を舞台に、有常の娘の業平に対する恋慕の情が、過去から現在へと時空を越えてよみがえってきます。世阿弥の夢幻能の代表作です。

(本文ここまで)


ページの先頭に戻る