能楽

(グローバル ナビゲーションここから)

(グローバル ナビゲーションここまで)

(本文ここから)

能の諸役【役の種類】

▼ 能 (観世流) 『船弁慶』【囃子方】 平成17年2月12日 国立能楽堂

  • 役の種類
  • シテ方
  • ワキ方
  • 狂言方
  • 囃子方

能の音楽を担当するのが囃子方です。囃子方は、笛方、小鼓方、大鼓方、太鼓方に分かれています。能の上演時には、各楽器の担当が1人ずつ舞台後方の囃子座[アト座の前面]で演奏します。笛方と太鼓方は舞台にじかに座り、小鼓と大鼓は床几(しょうぎ)に腰かけています。

(本文ここまで)


ページの先頭に戻る