能楽

(グローバル ナビゲーションここから)

(グローバル ナビゲーションここまで)

(本文ここから)

能の諸役【役の種類】

▼ 能 (観世流) 『船弁慶』【狂言方】 平成17年2月12日 国立能楽堂

  • 役の種類
  • シテ方
  • ワキ方
  • 狂言方
  • 囃子方

狂言を演ずる人たちのグループです。狂言の演目を演ずる場合、主人公をシテ、それ以外をアドと呼びます。能の中に登場する場合、間狂言またはアイと呼ばれます。能のアイが2人以上登場する場合は、重要な1人をオモアイ、他をアドアイと呼びます。また、演技内容によって、語リアイ、アシライアイなどの区別をすることもあります。語リアイは、シテが中入りした後にその土地の人として登場し、ワキの質問に答える形で名所・旧跡のいわれやシテにまつわる話を語って、前場(まえば)と後場(のちば)をつなぐ役割を果たします。アシライアイは、主にワキの従者として登場し、ほかの役と台詞のやりとりをしながら筋を進めていきます。『船弁慶』の船頭は、代表的なアシライアイのひとつです。

(本文ここまで)


ページの先頭に戻る