能楽

(グローバル ナビゲーションここから)

(グローバル ナビゲーションここまで)

(本文ここから)

能の諸役【役の種類】

▼ 能 (観世流) 『船弁慶』【ワキ方・子方】 平成17年2月12日 国立能楽堂

  • 役の種類
  • シテ方
  • ワキ方
  • 狂言方
  • 囃子方

ワキやワキツレを演ずる人たちのグループをワキ方と呼びます。ワキは、シテと応対しシテの演技を引き出す役割を持っています。僧や神官、天皇のお使い、武士など、必ず現実に生きていて幽霊ではない大人の男性の役で、面を着けることはありません。

ワキにお供がいる場合や、ワキとは別にシテと関わる役が必要なときにはワキツレが登場します。『船弁慶』では、ワキは武蔵坊弁慶(むさしぼうべんけい)、ワキツレは義経の従者です。『葵上(あおいのうえ)』では、ワキは後シテの悪鬼を祈り伏せる山伏、ワキツレは前シテの生霊(いきりょう)を呼び出す場にいる臣下です。

(本文ここまで)


ページの先頭に戻る