能楽

(グローバル ナビゲーションここから)

(グローバル ナビゲーションここまで)

(本文ここから)

能の諸役【役の種類】

▼ 能 (観世流) 『船弁慶』 平成17年2月12日 国立能楽堂

  • 役の種類
  • シテ方
  • ワキ方
  • 狂言方
  • 囃子方

能では主役のことをシテといい、シテと応対してその演技を引出す役をワキと呼びます。シテやワキに準ずる役が登場する場合は、それぞれツレ、ワキツレと呼びます。狂言役者も能に登場し、間狂言(あいきょうげん)またはアイと呼ばれます。子供の役者[子方]が出ることもあります。能には必ず地謡(じうたい)と呼ばれるコーラスと、囃子(はやし)の演奏が付いています。囃子に用いられる楽器は、笛、小鼓(こつづみ)、大鼓(おおつづみ)、太鼓の4種のみです。太鼓は曲によって入る場合と入らない場合があります。

(本文ここまで)


ページの先頭に戻る