能楽

(グローバル ナビゲーションここから)

(グローバル ナビゲーションここまで)

(本文ここから)

演技と音楽【謡】

  • 謡の特色
  • 地謡
  • リズム
  • 発声
  • 謡本

発声

謡は、「コトバ」と「フシ」の2つに分類されます。コトバはせりふにあたるものですが、はっきりした旋律はないものの、ある独特の節回しを持っています。それに対して、比較的はっきりした旋律がある謡がフシで、それはまた、発声の仕方によって「弱吟(よわぎん)」と「強吟(つよぎん)」に区別されます。弱吟は柔らかい息扱いによって旋律的に謡われるのに対し、強吟は強い息扱いで力強く発声され、弱吟に比べて音域が狭く、音程も弱吟ほど明瞭ではありません。これらを曲調により、また場面の雰囲気により謡い分けることで、多彩な表情が生み出されていきます。


〔謡〕観世喜正

(本文ここまで)


ページの先頭に戻る