能楽

(グローバル ナビゲーションここから)

(グローバル ナビゲーションここまで)

(本文ここから)

演技と音楽【謡】

  • 謡の特色
  • 地謡
  • リズム
  • 発声
  • 謡本

地謡(じうたい)

能には、シテやワキなどの登場人物が心情を語り発言する部分と、場面や情景が描写され劇の進行が語られる部分とがありますが、主として後者の部分を担当するのが「地謡」です。8人構成を基本とする一種のコーラスですが、全員が同じ高さで謡い、ハーモニーを形成することはありません。地謡は場面によって、情景の描写だけでなく、登場人物の内面や曲の内容に関わる逸話などを謡い分け、曲の展開に大きな役割を担っています。

▲ 能 (観世流) 『船弁慶』【地謡】 平成17年2月12日 国立能楽堂

(本文ここまで)


ページの先頭に戻る