能楽

(グローバル ナビゲーションここから)

(グローバル ナビゲーションここまで)

(本文ここから)

演技と音楽【囃子】

  • 囃子の特色
  • 笛(能管)
  • 小鼓
  • 大鼓
  • 太鼓
  • 演奏

大鼓(おおつづみ)

大鼓は、2枚の馬皮と桜の木をくり抜いた胴を、調緒(しらべお)と呼ばれる麻紐で堅く組んだ楽器です。左手で持って左ひざの上にのせ、多くの場合、右手に指皮(ゆびかわ)を付けて打ちます。演奏前に革を炭火で焙じてよく乾燥させ、硬質な音を出します。小鼓のような音色の違いはなく、強弱で打ち分けます。小鼓とともに能の音楽を司る要の役割を演じ、特に、太鼓が入らないところでは大鼓が1曲の進行を統率します。

現在ご覧のページでこのテキストが見えている方は最新のFlashPlayerがインストールされていません。
当サイトをご覧いただくには最新のFlashPlayerをダウンロードしてください。

現在ご覧のページでこのテキストが見えている方は最新のFlashPlayerがインストールされていません。
当サイトをご覧いただくには最新のFlashPlayerをダウンロードしてください。

〔大鼓〕大倉慶乃助 [大倉流]

〔笛〕栗林祐輔 [森田流]、〔小鼓〕森貴史 [幸流]、
〔大鼓〕大倉慶乃助 [大倉流]、〔太鼓〕大川典良 [金春流]

1/7

火入れ[革を炭火で焙じているところ]

2/7

戻る

3/7

戻る

4/7

戻る

5/7

戻る

指皮

6/7

戻る

7/7

戻る
構造と組み立てを閉じる
(本文ここまで)


ページの先頭に戻る