能楽

(グローバル ナビゲーションここから)

(グローバル ナビゲーションここまで)

(本文ここから)

演技と音楽【囃子】

  • 囃子の特色
  • 笛(能管)
  • 小鼓
  • 大鼓
  • 太鼓
  • 演奏

笛(能管)

笛は、数本の竹を継いだものを樺(かば)などで巻き上げ、漆と蝋(ろう)を塗って強化した楽器です。息を吹き込む口と7つの指孔(ゆびあな)があるほか、中央付近に喉(のど)と呼ばれる細く短い竹が、筒の内部にはめこまれています。能の中では唯一の旋律楽器ですが、西洋の楽器のように調律がととのえられているわけではなく、音階は1本1本異なっています。シテの舞を主導するほか、人物の登場・退場、戦いや狂乱の場面など、様々な場面で演奏されます。謡に重ねて吹かれる場合もあり、曲の進行に趣を添えています。

現在ご覧のページでこのテキストが見えている方は最新のFlashPlayerがインストールされていません。
当サイトをご覧いただくには最新のFlashPlayerをダウンロードしてください。

現在ご覧のページでこのテキストが見えている方は最新のFlashPlayerがインストールされていません。
当サイトをご覧いただくには最新のFlashPlayerをダウンロードしてください。

〔笛〕栗林祐輔 [森田流]

〔笛〕栗林祐輔 [森田流]、〔小鼓〕森貴史 [幸流]、
〔大鼓〕大倉慶乃助 [大倉流]、〔太鼓〕大川典良 [金春流]

1/4

頭金(かしらがね)

2/4

戻る

指孔(ゆびあな)

3/4

戻る

4/4

戻る
笛の構造を閉じる
(本文ここまで)


ページの先頭に戻る