能楽

(グローバル ナビゲーションここから)

(グローバル ナビゲーションここまで)

(本文ここから)

能面と能装束【能面】

姥(うば) 【女面】

老いた女性の面です。額や頬に多くの皺(しわ)が描かれています。目の部分が盲目の面と同じようにくりぬかれているのが特徴です。主にツレが老人の女性の役の場合に用いますが、特定の流派ではシテの面に用いることもあります。

使用する演目:『昭君(しょうくん)』『高砂(たかさご)』『通盛(みちもり)』『身延(みのぶ)』など。観世流では『姥捨(おばすて)』『関寺小町(せきでらこまち)』などにも使用

能面の種類を見る

(本文ここまで)


ページの先頭に戻る