能楽

(グローバル ナビゲーションここから)

(グローバル ナビゲーションここまで)

(本文ここから)

能面と能装束【能装束】

  • 能装束の特色
  • 能装束の分類
  • 出立

男の出立(いでたち)

『船弁慶』の後シテ、平知盛(たいらのとももり)の霊です。通常は法被(はっぴ)を着ますが、この写真は特殊演出用の出立で狩衣(かりぎぬ)を肩上げして着ています。男の役柄でも亡霊・老人など、生きている成人男子以外では面を着用します。写真では真角(しんかく)という面の力強い顔立ちと冠り物(かぶりもの)の黒頭(くろがしら)が男の怨霊を表現していますが、面と仮髪(かはつ)により印象はかなり変わります。同じ武将の霊でも修羅能(しゅらのう)の武将は法被や長絹(ちょうけん)の右袖を脱いで肩脱ぎ(かたぬぎ)にします。公家や神の役には狩衣などを着用します。頭にかぶる烏帽子(えぼし)や冠(かんむり)なども役柄により様々に変わります。

女の出立

能 (観世流) 『船弁慶』 後シテ「平知盛の霊」
〔シテ〕観世喜正

冠り物 面 袷狩衣 厚板 腰帯 半切
冠り物:鍬形付き黒頭(くわがたつきくろがしら)

ふさふさした毛をたっぷり用いたカツラを「頭(かしら)」と言い、毛の色によって、黒頭・赤頭(あかがしら)・白頭(しろがしら)の区別があります。黒頭のうち毛の長いものは、怨霊などの役に用いますが、『船弁慶』では兜(かぶと)を表す鍬形が付いています。毛の短い黒頭は童子(どうじ)の役などに用います。

閉じる
真角(しんかく)

真角は武将の霊や男の怨霊に用いる面(おもて)です。金色の虹彩(こうさい)がはっきり見える「開キ目」と、八の字のひげが特徴的で力強さを表現しています。

閉じる
袷狩衣(あわせかりぎぬ)

上着(うわぎ)[いちばん上に着る衣装]の一種です。無地に金糸で模様を織り出した金襴(きんらん)という生地の、重厚なものが定型です。中世において武士や貴族の正装に準ずる服装だった狩衣は、能装束になってから実用品よりも大ぶりになりました。『船弁慶』では、通常の演出では法被の袖を内側に折り返して、鎧(よろい)に見立てて着ますが、特殊演出で、知盛の平家の貴公子としての側面を強調するためにこのように狩衣を着ることもあります。

閉じる
厚板(あついた)

男の霊の役のほとんどに、着付(きつけ)[内側に着る衣装]として用います。「小袖(こそで)」と呼ばれる衣装の一種で、現在の男物の着物とほとんど同じ形です。幾何学的な模様や家紋風の模様のものが多くみられます。

閉じる
腰帯

中央と両端に短冊型の板を付けた布の帯です。腰板(こしいた)と呼ぶ中央の部分を腰に当て、両端を前に持ってきて締めます。腰板の部分と前に垂れている部分の生地と模様の違いで種類が分かれます。これは男の役全般に広く用いる紋付(もんつき)腰帯です。

閉じる
半切

丈が足元までの半袴(はんばかま)の一種です。生地は無地に金糸で模様を織り出した金襴(きんらん)を用いて、後側に張りを持たせて仕立ててあり、形は大口(おおくち)と同じです。武士の霊の役に用いる場合は法被と組み合わせられます。この『船弁慶』の場合は狩衣と組み合わせられていますが、その応用と言えるでしょう。

閉じる
(本文ここまで)


ページの先頭に戻る