能楽

(グローバル ナビゲーションここから)

(グローバル ナビゲーションここまで)

(本文ここから)

能面と能装束【能装束】

  • 能装束の特色
  • 能装束の分類
  • 出立

装束の分類

上着(うわぎ)[いちばん上に着る衣装] 男袷(あわせ)

【広袖】狩衣(かりぎぬ)法被(はっぴ)直垂(ひたたれ)、側次(そばつぎ)、素襖(すおう)など

男単(ひとえ)

【広袖】狩衣、法被、直衣(のうし)、水衣(みずごろも)

女袷

【小袖】唐織(からおり)、白練(しろねり)、厚板

女単

【広袖】長絹(ちょうけん)、舞衣(まいぎぬ)、狩衣、水衣

着付(きつけ)[内側に着る衣装] 男

【小袖】厚板縫箔(ぬいはく)、白綾(しろあや)、熨斗目(のしめ)、小格子など

女

【小袖】摺箔(すりはく)、白練、熨斗目など

袴(はかま)類・裳着(もぎ)[下半身に着用する衣装] 男

大口(おおくち)半切(はんぎり)、指貫(さしぬき)など

女

大口、指貫、長袴(ながばかま)、縫箔〔腰巻〕など

冠り物(かぶりもの)

初冠(ういかんむり)、透冠(すいかんむり)天冠(てんがん)
折烏帽子(おりえぼし)、角帽子(すんぼうし)兜巾(ときん)など

仮髪(かはつ)

鬘(かづら)姥鬘(うばかづら)尉髪(じょうがみ)、黒頭(くろがしら)、
赤頭(あかがしら)、黒垂(くろたれ)、白垂(しろたれ)など

小物

鬘帯(かづらおび)、鉢巻(はちまき)、襟(えり)、篠懸(すずかけ)
腰帯、腰簑(こしみの)、笠など

長絹【上着】

萌葱地芦舟模様長絹(もえぎじあしふねもようちょうけん)

萌葱地芦舟模様長絹
(もえぎじあしふねもようちょうけん)

閉じる

狩衣【上着】

白地唐花丁子唐草模様袷狩衣(しろじからはなちょうじからくさもようあわせかりぎぬ)

白地唐花丁子唐草模様袷狩衣
(しろじからはなちょうじからくさもようあわせかりぎぬ)

閉じる

法被【上着】

紺地菊立涌模様袷法被(こんじきくたてわくもようあわせはっぴ)

紺地菊立涌模様袷法被
(こんじきくたてわくもようあわせはっぴ)

閉じる

水衣【上着】

浅葱水衣(あさぎみずごろも)

浅葱水衣
(あさぎみずごろも)

萌葱縷水衣(もえぎよれみずごろも)

萌葱縷水衣
(もえぎよれみずごろも)

閉じる

直垂【上着】

納戸地鶴亀破れ亀甲模様直垂(なんどじつるかめやぶれきっこうもようひたたれ)

納戸地鶴亀破れ亀甲模様直垂
(なんどじつるかめやぶれきっこうもようひたたれ)

閉じる

熨斗目【着付】

紺白段熨斗目(こんぱくだんのしめ)

紺白段熨斗目
(こんぱくだんのしめ)

閉じる

唐織【着付】

白地七宝繫ぎに花扇模様唐織(しろじしっぽうつなぎにはなおうぎもようからおり)

白地七宝繫ぎに花扇模様唐織
(しろじしっぽうつなぎにはなおうぎもようからおり)

紅白段替花筏模様唐織(こうはくだんがわりはないかだもようからおり)

紅白段替花筏模様唐織
(こうはくだんがわりはないかだもようからおり)

閉じる

厚板【上着・着付】

茶地青海波車散し模様厚板(ちゃじせいがいはくるまちらしもようあついた)

茶地青海波車散し模様厚板
(ちゃじせいがいはくるまちらしもようあついた)

紺紅段亀甲打板桐模様厚板(こんべにだんきっこううちいたきりもようあついた)

紺紅段亀甲打板桐模様厚板
(こんべにだんきっこううちいたきりもようあついた)

閉じる

縫箔【着付】

紺地波に海馬桶模様縫箔(こんじなみにかいばおけもようぬいはく)

紺地波に海馬桶模様縫箔
(こんじなみにかいばおけもようぬいはく)

黒地丸紋尽し模様縫箔(くろじまるもんづくしもようぬいはく)

黒地丸紋尽し模様縫箔
(くろじまるもんづくしもようぬいはく)
※『葵上』や『道成寺』などで腰巻として使用。

閉じる

摺箔【着付】

白地青海波に紅葉模様摺箔(しろじせいがいはにもみじもようすりはく)

白地青海波に紅葉模様摺箔
(しろじせいがいはにもみじもようすりはく)

閉じる

大口【袴類】

紅地巻水に貝模様大口(あかじまきみずにかいもようおおくち)

紅地巻水に貝模様大口
(あかじまきみずにかいもようおおくち)

浅葱大口(あさぎおおくち)

浅葱大口
(あさぎおおくち)

閉じる

半切【袴類】

白地夕顔葵唐草模様半切(しろじゆうがおあおいからくさもようはんぎり)

白地夕顔葵唐草模様半切
(しろじゆうがおあおい
からくさもようはんぎり)

紫地欅に矢車模様半切(むらさきじけやきにやぐるまもようはんぎり)

紫地欅に矢車模様半切
(むらさきじけやきに
やぐるまもようはんぎり)

閉じる

天冠【冠り物】

天冠(社団法人観世九皐会所蔵)

天冠(社団法人観世九皐会所蔵)

閉じる

鬘【仮髪】

鬘の装着

鬘の装着

閉じる

角帽子(すんぼうし)【冠り物】

『能之図』より 能「井筒」 角帽子:〔ワキ〕旅の僧侶

『能之図』より 能「井筒」 角帽子:〔ワキ〕旅の僧侶

閉じる

姥鬘(うばかづら)、尉髪(じょうがみ)【仮髪】

『能之図』より 能「高砂」 尉髪:〔前シテ〕木守の老人、姥鬘:〔ツレ〕木守の姥

『能之図』より 能「高砂」
尉髪:〔前シテ〕木守の老人、姥鬘:〔ツレ〕木守の姥

閉じる

兜巾(ときん)【冠り物】・篠懸(すずかけ)、腰帯【小物】

『能之図』より 能「葵上」 兜巾・篠懸・腰帯:〔ワキ〕横川小聖 腰巻としての縫箔:〔シテ〕六条御息所

『能之図』より 能「葵上」
兜巾・篠懸・腰帯:〔ワキ〕横川小聖
腰巻としての縫箔:〔シテ〕六条御息所

閉じる

透冠(すいかんむり)【冠り物】

『能装図』より 能「杜若」 透冠

『能装図』より 能「杜若」 透冠

閉じる

赤頭(あかがしら)【冠り物】

『能装図』より 能「猩々」 赤頭

『能装図』より 能「猩々」 赤頭

閉じる
(本文ここまで)


ページの先頭に戻る