能楽

(グローバル ナビゲーションここから)

(グローバル ナビゲーションここまで)

(本文ここから)

能や狂言をみてみよう

能楽とは?

能と狂言は、600年を越える歴史の中で独自の様式を磨き上げてきた、日本を代表する伝統芸能です。能が歌舞劇として人間の哀しみや怒り、恋慕の想いなどを描くのに対し、狂言は笑いの面を受持ちせりふ劇として洗練を重ねてきましたが、両者の源は1つです。能と狂言を合わせて「能楽」と呼んでいます。

能の基礎が確立され、また芸術として高められたのは、14世紀~15世紀前半、観阿弥・世阿弥父子の時代です。多くの曲が作られましたが、現在上演される演目は約240曲ほどです。

能の登場人物には類型があります。たとえば『伊勢物語』や『源氏物語』に登場する女性たちの霊は、どれも同じ能面や装束(しょうぞく)で演じることができます。源平の戦いで死んだ武将たち、地獄に堕ちた男女、子を探して旅をする狂女、草花の精、神、鬼等々、それぞれの類型別に能面や装束のパターンが決まっています。また舞台上での動きも基本的な型[所作単元]の組み合わせで作られており、日常的なリアリズムの演技はありません。

個々の能の筋書きにも、類型性は見いだせます。能の作品は大きく夢幻能(むげんのう)と現在能に二分できますが、夢幻能はだいたい次のような構造を持ちます。まず、シテ[主人公]は美しい女性や老人などの姿になって、ワキ[シテの相手役]の旅僧や勅使(ちょくし)などの前に現れ、その場所にまつわる物語を他人事のように語った後、実は今の物語の主人公は自分なのだと明かして姿を消します。そして後半では、本来の姿で再び登場し、昔の場面を再現したり舞を舞ったりします。現在能の場合は夢幻能のような定型はなく、一般の演劇と同じように様々な事件が描かれますが、それでも、別れた親子や夫婦の再会の物語である物狂能(ものぐるいのう)などには、多くの曲に通ずる筋書きのパターンが見られます。

さらに言えば、能の脚本構造自体が非常に類型的にできています。1曲の能は、「ワキの登場」「シテの登場」等の「段」に類型化され、各段はさらに、詞の音数律や旋律・リズムなどに定型をもつ「小段」に分けられます。違う曲でも、たとえばワキの登場段の「次第(しだい)」という小段(しょうだん)の旋律や、そこでの動き、囃子の譜などはほとんど変わりません。逆に、譜面上は同じ小段を、各曲の雰囲気や登場人物の性格などによって自在に描き分けるところに、面白さもあるのです。

だからこそ能は、観るほどに知るほどに、その面白さが広がってきます。「能の構造」「能の演目と鑑賞」、そして「世阿弥の世界」は、興味を持ったどこからご覧になられても、能の持つ様々な「面白さ」に気づいていただけることでしょう。

能 (観世流) 『井筒』

▲ 能 (観世流) 『井筒』 国立能楽堂

狂言 (和泉流) 『柿山伏』

▲ 狂言 (和泉流) 『柿山伏』 国立能楽堂

能 (宝生流) 『忠度』

▲ 能 (宝生流) 『忠度』 国立能楽堂

能 (宝生流) 『砧』

▲ 能 (宝生流) 『砧』 国立能楽堂

能 (喜多流) 『自然居士』

▲ 能 (喜多流) 『自然居士』 国立能楽堂

能 (金春流) 『葵上』

▲ 能 (金春流) 『葵上』 国立能楽堂

(本文ここまで)


ページの先頭に戻る