能楽

(グローバル ナビゲーションここから)

(グローバル ナビゲーションここまで)

(本文ここから)

能や狂言をみてみよう

能楽は、今から600年ほど前の室町時代に、観阿弥(かんあみ)・世阿弥(ぜあみ)父子により大成された伝統芸能です。優雅な美しさで人間の深い思いを象徴的に追求する「能」と、人間性を写実的に表わして滑稽なしぐさとセリフで笑いを誘う「狂言」。この2つの芸能は、同じ舞台で交互に上演され、密接な関係を築きながら、発展してきました。 
その「能」と「狂言」の特徴を映像でご覧ください。

現在ご覧のページでこのテキストが見えている方は最新のFlashPlayerがインストールされていません。
当サイトをご覧いただくには最新のFlashPlayerをダウンロードしてください。

(本文ここまで)


ページの先頭に戻る