• 音階
  • リズム
    • 「有拍のリズム」と「無拍のリズム」
    • 日本独自の間「手締め(てじめ)」
  • 旋律

日本独自の間「手締め(てじめ)」

「手締め」とは、掛け声とともにリズムを合わせて手拍子を打ち、物事が無事に終わったことを祝う日本の風習です。祭礼や冠婚葬祭や、商談、株主総会などで行われ「手打ち(てうち)」とも呼ばれます。手締めは地方により、リズムや手を打つ回数、掛け声が異なりますが、「江戸締め」と「大阪締め」に分けられます。江戸締めには、1回だけ手を打つ「一丁締め」、「一本締め」を3回繰り返す「三本締め」もあります。

江戸締め「一本締め」

「シャ シャ シャン シャ シャ シャン シャ シャ シャン シャン」
協力:鍛冶町一丁目町会青年部

大阪締め

「うーちましょ」「シャンシャン」「もひとつせ」「シャンシャン」「祝うて三度」「シャシャン(が)シャン」「おめでとうございますー」(拍手)
協力:NPO法人「国境なき芸能団」

ページの先頭に戻る