はやわかり!日本の音楽の歴史
出会おう!いろいろな歌唱
なっとく!よくわかる歌唱
チャレンジ!考えよう調べよう
索引 サイトマップ
地図と年表で見る日本の歌唱
世界の歌唱
生活の中の歌唱
日本語と歌唱
多彩な歌唱法
「歌いもの」と「語りもの」
けいこ場インタビュー
美術の中の音楽
音階
基本となる4つの音階
基本となる4つの音階

日本音楽は、「民謡音階(みんようおんかい)」、「律音階(りつおんかい)」、「都節音階(みやこぶしおんかい)」、「琉球音階(りゅうきゅうおんかい)」のような限られた音からなる音階で成立しています。それぞれの音階のページに進んで、実際に画面のキーボードを鳴らしながら、音階を聞き比べてみましょう。

参考/枠にはさまれた音に注目

ここで紹介する音階分析の基本概念は、小泉文夫(こいずみふみお)氏[1927-1983]の音階理論によるものです。「重要な音を探そう」で出てきた「核音(かくおん)」が「ドとファ」「ソとド」の間隔[完全4度]にあるとき、この音階の枠をテトラコードと言います。この枠にはさまれる1音の高さが4通りあることから、4種類の音階を設定しました。

ページの先頭に戻る