はやわかり!日本の音楽の歴史
出会おう!いろいろな歌唱
なっとく!よくわかる歌唱
チャレンジ!考えよう調べよう
索引 サイトマップ
地図と年表で見る日本の歌唱
世界の歌唱
生活の中の歌唱
日本語と歌唱
多彩な歌唱法
「歌いもの」と「語りもの」
けいこ場インタビュー
美術の中の音楽
常磐津節
常磐津節
演奏・お話

7代目
常磐津兼太夫 (ときわづかねたゆう)

忍夜恋曲者
2:01
浄瑠璃/7代目・常磐津兼太夫、三味線/5代目・岸澤式松
歌と演奏

『忍夜恋曲者(しのびよるこいはくせもの)』
通称「将門(まさかど)」

【解説】
平将門の死後、残党の捜索に来た大宅光圀(おおやみつくに)を、将門の娘・滝夜叉姫(たきやしゃひめ)が、色仕掛で味方にしようとするものの正体を見破られ失敗するという話。

【詞章】
嵯峨(さが)や御室(おむろ)の花盛り、浮気な蝶も色かせぐ、廓(くるわ)の者に連れられて、外(そと)珍しき嵐山(あらしやま)

おけいこ風景

ページの先頭に戻る