はやわかり!日本の音楽の歴史
出会おう!いろいろな歌唱
なっとく!よくわかる歌唱
チャレンジ!考えよう調べよう
索引 サイトマップ
雅楽
声明
平家琵琶
謡曲
中世の小歌
地歌
長唄
義太夫節
一中節・河東節
常磐津節
清元節
新内節
端唄・うた沢・小唄
箏曲
琵琶楽
浪花節
琉球古典音楽
常磐津節(ときわづぶし)

常磐津節は、豊後節(ぶんごぶし)*1の系統に属し、1747年[延享4年]、初代・常磐津文字太夫(ときわづもじたゆう)[1709-81]創始による浄瑠璃[語りもの音楽]です。常磐津節は、歌舞伎界の隆盛に乗じながら発展し、現在でも歌舞伎になくてはならない音曲の1つになっています。扇情的な豊後節の曲風を脱し、語る部分と歌う部分のバランスが良く、発声もあまり技巧的ではなく自然です。また、歌舞伎の所作(しょさ)に合うように、時代物(じだいもの)*2には重厚な節を、世話物(せわもの)*3には情緒豊かな節を付けるような工夫がされています。演奏の基本編成は、太夫3人、三味線弾き2人です。三味線は、中棹(ちゅうざお)*4を用い、主旋律を弾く「立(たて)」と高音部を弾く「上調子(うわぢょうし)」に分かれます。

《コラム》
見台で歌のジャンルを見分けるコツ

注釈はこちら
参考曲 楽譜・資料 主な楽器 注釈・コラム

ページの先頭に戻る