はやわかり!日本の音楽の歴史
出会おう!いろいろな歌唱
なっとく!よくわかる歌唱
チャレンジ!考えよう調べよう
索引 サイトマップ
雅楽
声明
平家琵琶
謡曲
中世の小歌
地歌
長唄
義太夫節
一中節・河東節
常磐津節
清元節
新内節
端唄・うた沢・小唄
箏曲
琵琶楽
浪花節
琉球古典音楽
声明
声明(挟義) 論議 講式 和讃

声明は、仏教の儀式において経文を朗唱する声楽の総称で、古代インドに起り、仏教とともに中国を経て日本に伝えられました。奈良時代の752年[天平勝宝4年]、東大寺の大仏開眼(だいぶつかいげん)の供養会(くようえ)に、大規模な声明を用いた儀式の記録*1が残されています。その後、新仏教が広まるにつれ声明も徐々に形を変えていきます。狭義には、詞章が外来語*2のもののみを声明と呼びましたが、現在では詞章が日本語の論議(ろんぎ)、講式(こうしき)、和讃(わさん)なども含め、すべて声明と呼びます。曲は、原則的には単旋律 (たんせんりつ)で、時に、打ち物が加わります。

注釈はこちら
4つの雅楽 注釈・コラム
声明(挟義)
声明(挟義)

狭義の声明の中から、奈良仏教に続いて新たに伝えられた密教系の声明を中心に紹介します。

詳細ページへ
論議
論議

仏教の経典などについての問答から始まり、後に芸能的色彩も帯び、能などに影響を与えたとされます。

詳細ページへ
講式
講式

漢文の読み下しによる声明で、平曲や謡曲など語り物の音楽の源流にもなったといわれています。

詳細ページへ
和讃
和讃

和文の詩形式の声明で、今様など民間の歌謡に影響を与えたとされています。

詳細ページへ

ページの先頭に戻る