はやわかり!日本の音楽の歴史
出会おう!いろいろな歌唱
なっとく!よくわかる歌唱
チャレンジ!考えよう調べよう
索引 サイトマップ
雅楽
声明
平家琵琶
謡曲
中世の小歌
地歌
長唄
義太夫節
一中節・河東節
常磐津節
清元節
新内節
端唄・うた沢・小唄
箏曲
琵琶楽
浪花節
琉球古典音楽
箏曲
生田流箏曲 山田流箏曲
箏曲(箏曲)

箏は、奈良時代直前に雅楽の主要楽器として大陸より伝来し、愛好されていました。室町時代末期に、福岡県久留米の善導寺(ぜんどうじ)の僧、賢順(けんじゅん)[?-1631]が箏の弾き歌いの筑紫流箏曲(つくしりゅうそうきょく)を樹立します。近世箏曲の基礎を作り上げたのは、その筑紫流箏曲を学んだ八橋検校(やつはしけんぎょう)*1[1614-1685]です。八橋検校は、歌曲の「組歌(くみうた)*2」13曲と、器楽曲の「段物(だんもの)*3」3曲を制定し、また箏曲に用いられる「平調子(ひらぢょうし)」という調弦を考案するなど、今日の生田流(いくたりゅう)、山田流(やまだりゅう)の箏曲の原型を作りました。

《コラム》
箏と琴、正しいのはどっち?

 
2つの箏曲 注釈・コラム
*1
八橋検校(やつはしけんぎょう):
江戸時代初期に活躍した箏曲の演奏家・作曲家。箏の独奏のために、楽器そのものや演奏法の改良を行い、「段物」などの楽式の定型化を行うなど、現在の日本の箏の基礎を作りあげ、箏曲の発展にも努めました。『六段の調』、『みだれ』といった曲は八橋検校の作と伝えられています。また、箏の他にも、胡弓、三味線の名手でもありました。
*2
組歌(くみうた):
箏の伴奏による歌曲。いくつかの短編歌謡の詞章を組み合わせて1曲としたもの。
*3
段物(だんもの):
歌を伴わない箏の器楽曲。1曲が数段で構成されているところから段物と呼ばれます。
コラム

箏と琴、正しいのはどっち?

「おこと」と呼ばれる楽器は、もともと箏(そう)という字が当てられていて、琴(きん)は別の楽器をさしました。ところが日本の古い言葉では弦楽器をすべてコトと呼んでおり、平安時代以降、琴(きん)が演奏されなくなると、コトといえば箏(そう)を指すようになります。さらに楽器の琴(きん)が忘れられ、箏(そう)にも「琴」の字をあてるようになりました。常用漢字に「箏」の字がないため、現在では箏(そう)に対しても「琴」の字を用います。このような経緯があるため、伝統音楽の世界では、本来の表記で「箏」を用いています。


『八橋検校肖像』 日本当道会所蔵

ページの先頭に戻る