はやわかり!日本の音楽の歴史
出会おう!いろいろな歌唱
なっとく!よくわかる歌唱
チャレンジ!考えよう調べよう
索引 サイトマップ
雅楽
声明
平家琵琶
謡曲
中世の小歌
地歌
長唄
義太夫節
一中節・河東節
常磐津節
清元節
新内節
端唄・うた沢・小唄
箏曲
琵琶楽
浪花節
琉球古典音楽
雅楽
御神楽 催馬楽 朗詠 今様
御神楽(みかぐら)

御神楽は、12月中旬に皇居内の賢所(かしこどころ)で行われる宮廷儀式*1で、1年の感謝を込めて神へ舞や奏楽を献じます。歌唱者は「本方(もとかた)*2」と「末方(すえかた)*3」に分かれ、伴奏には篳篥(ひちりき)、神楽笛(かぐらぶえ)、和琴(わごん)が用いられます。独唱者の打つ笏拍子(しゃくびょうし)は、歌唱者と伴奏者の間を調整する役割があります。現在では、宮内庁楽部の楽師たちにより行われています。

注釈はこちら
参考曲 楽譜・資料 主な楽器 注釈・コラム
4:00
『阿知女作法(あじめのさほう)』

日本雅楽協会 和琴/東儀信太郎、本拍子/多忠麿、末拍子/豊英秋
1975年[昭和50年]1月25日 第1回日本音楽の流れ「箏と琴」
国立劇場小劇場

【解説】
荘重で、独特の抑揚がある「オー」の声は、祭壇の扉を開く際に神官が唱える声に似ており、神を迎える儀式作法と考えられます。阿知女とは、天の岩戸伝説のアメノウズメノミコトだとする解釈もありますが、定説はありません。

【詞章】
本方:阿知女
於於於於(おおおお)
末方:於介(おけ)

ページの先頭に戻る