はやわかり!日本の音楽の歴史
出会おう!いろいろな歌唱
なっとく!よくわかる歌唱
チャレンジ!考えよう調べよう
索引 サイトマップ
雅楽
声明
平家琵琶
謡曲
中世の小歌
地歌
長唄
義太夫節
一中節・河東節
常磐津節
清元節
新内節
端唄・うた沢・小唄
箏曲
琵琶楽
浪花節
琉球古典音楽
雅楽
御神楽 催馬楽 朗詠 今様

雅楽は、現在日本に伝わる伝統音楽のうち最も古い音楽です。雅楽には、起源系統によって次の3つの種類があります。
(1)日本古来の歌と舞*1
(2)アジア大陸から伝来した楽器と舞が日本化したもの*2
(3)(2)の影響を受けて新しくできた歌*3
平安時代中期[10世紀頃]、今日の形に整えられ、主として、宮廷、貴族社会、寺社などで行われてきました。雅楽の演奏形態には、「管絃(かんげん)*4」、「舞楽(ぶがく)*5」、「歌謡(かよう)*6」の3つの種類があります。現在では、宮内庁の楽部が伝承する雅楽が基準となっています。

注釈はこちら
4つの雅楽 注釈・コラム
御神楽(みかぐら)
御神楽(みかぐら)

12月中旬に皇居内で行われる宮廷儀式で、1年の感謝を込めて神へ献じる奏楽です。

詳細ページへ
催馬楽(さいばら)
催馬楽(さいばら)

平安時代に、民間の流行歌や民謡などの詞章を題材に雅楽風の旋律によってつくられた歌です。

詳細ページへ
朗詠(ろうえい)
朗詠(ろうえい)

漢詩の詞章に曲節を付け、自由なリズムで歌われます。有名な『和漢朗詠集』はその詩歌を集めたものです。

詳細ページへ
今様(いまよう)
今様(いまよう)

今様とは「当世風」という意味で、平安時代から鎌倉時代にかけて幅広い階層に流行した歌謡です。

詳細ページへ

ページの先頭に戻る