はやわかり!日本の音楽の歴史
出会おう!いろいろな歌唱
なっとく!よくわかる歌唱
チャレンジ!考えよう調べよう
索引 サイトマップ
雅楽
声明
平家琵琶
謡曲
中世の小歌
地歌
長唄
義太夫節
一中節・河東節
常磐津節
清元節
新内節
端唄・うた沢・小唄
箏曲
琵琶楽
浪花節
琉球古典音楽
雅楽
御神楽 催馬楽 朗詠 今様

雅楽は、現在日本に伝わる伝統音楽のうち最も古い音楽です。雅楽には、起源系統によって次の3つの種類があります。
(1)日本古来の歌と舞*1
(2)アジア大陸から伝来した楽器と舞が日本化したもの*2
(3)(2)の影響を受けて新しくできた歌*3
平安時代中期[10世紀頃]、今日の形に整えられ、主として、宮廷、貴族社会、寺社などで行われてきました。雅楽の演奏形態には、「管絃(かんげん)*4」、「舞楽(ぶがく)*5」、「歌謡(かよう)*6」の3つの種類があります。現在では、宮内庁の楽部が伝承する雅楽が基準となっています。

 
4つの雅楽 注釈・コラム
*1
日本古来の歌と舞:
「国風歌舞(くにぶりのうたまい)」とも呼ばれます。神楽(かぐら)、東遊(あずまあそび)などをさします。
*2
アジア大陸から伝来した楽器と舞が日本化したもの:
「大陸系の楽舞(がくぶ)」と呼ばれます。唐楽(とうがく)と高麗楽(こまがく)をさします。唐楽は、中国、中央アジア、インド方面に起源を有する楽舞に基づく音楽で、左方(さほう)とも呼ばれます。高麗楽は、朝鮮、中国東北部にあった渤海(ぼっかい)などに起源を有する楽舞に基づく音楽で、右方(うほう)とも呼ばれます。
*3
(2)の影響を受けて新しくできた歌:
「歌物(うたいもの)」と呼ばれます。催馬楽(さいばら)、朗詠(ろうえい)などをさします。
*4
管絃(かんげん):
舞を伴わない器楽の合奏をいいます。笙(しょう)、篳篥(ひちりき)、龍笛(りゅうてき)の管楽器(かんがっき)、琵琶(びわ)と箏(そう)の弦楽器(げんがっき)、羯鼓(かっこ)、太鼓(たいこ)、鉦鼓(しょうこ)の打楽器で合奏します。「絃」の字が当用漢字に入れられなかったため、現代的表記として「管弦」と書くこともありますが、歴史的には「管絃」と表記されてきました。
*5
舞楽(ぶがく):
舞を伴う雅楽です。唐楽の伴奏で舞う「左舞(さまい)」、高麗楽の伴奏で舞う「右舞(うまい)」があります。広くは歌に伴って舞う「国風舞(くにぶりのまい)」も含めることもあります。
*6
歌謡(かよう):
雅楽器の伴奏で歌う声楽曲です。日本古来の祭式の歌謡に基づく「国風歌(くにぶりのうた)」、大陸系の音楽の影響を受けて作られた「催馬楽」や漢詩による「朗詠」などで、さらに民衆の中から生まれた新興の「今様」なども含めます。
 

ページの先頭に戻る