雅楽 GAGAKU

  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて
  • English
  • 早わかり
  • 歴史
  • 種目となりたち
  • ひろがり
  • 作品と鑑賞
  • 雅楽への招待
前のページにもどる

作品と鑑賞

  • 舞楽
  • 管弦
  • 国風歌舞
  • 催馬楽
  • 朗詠

洗練された舞姿が美しい歌舞 和舞(やまとまい)

春日大社「春日若宮おん祭」

あらまし

4人の舞人(まいにん)、6~8人の歌と伴奏を行う歌方(うたかた)で奏される国風歌舞です。

「倭舞」、「大和舞」などとも表記され、大和地方[現在の奈良県]に伝わった風俗の歌舞をはじまりとするなど、その起源にはさまざまな説があります。

奈良時代までに宮廷の儀礼として採り入れられ、楽舞や歌舞の管理を行う雅楽寮によって奏されました。平安時代には、宮中の大嘗祭(だいじょうさい:天皇が即位後初めて行う収穫を神に感謝する祭)や鎮魂祭に加えて、各地の神社の祭でも舞われた歌舞です。中世に伝承が途絶えますが、江戸時代に復興されました。

一具の次第と歌詞

龍笛(りゅうてき)と篳篥(ひちりき)による「大直日合音取(おおなおびのあわせねとり)」で始まり、「大直日歌」が歌われます。次に「倭歌合音取(やまとうたのあわせねとり)」に続き「倭歌」が歌われ、この間に「倭舞」が舞われます。

〈大直日歌〉<br>
              ・大直日合音取<br>
              ・大直日歌<br>
              新(あた)らしき 年(とし)の始(はじ)めに かくしこそ 千歳(ちとせ)をかねて 楽(たの)しきをつめ<br>
              〈倭歌〉<br>
              ・倭歌合音取<br>
              ・倭歌<br>
              宮人(みやびと)の輿(こし)に挿(さ)したる 榊葉(さかきば)を 我(わ)れ取(と)り持(も)ちて 万代(よろずよ)や経(へ)む

装束と楽器

舞人は2人ずつ袍(ほう)の色が異なり、色鮮やかな赤色と緑色の袍を身につけます。頭には冠と垂纓(すいえい:後部につけられた纓を下に垂らしたもの)をつけ、笏(しゃく)を手にして舞います。

歌方の装束は、現在も神職の衣服となっている浄衣(じょうえ)に立烏帽子(たてえぼし:中央部を折らない格式の高い烏帽子)を身につけます。

伴奏楽器は、龍笛と篳篥に、和琴(わごん)の3種のみによる編成です。

映像を見る

鑑賞のポイント

簡素ながら洗練された美しさを持つ歌舞です。倭歌にはリズムとなる拍節がないため、長となる舞人・一臈(いちろう)の動きを基準に舞が進行します。途中、ひざを曲げておしりを床につける独特の動作があり、優美な舞の見どころとなっています。舞が終わり、舞人が退いた後に歌が終わります。

今日宮中では、毎年11月22日の鎮魂祭で奏されることになっていますが、非公開です。なお、奈良の春日大社には近代以前からの伝承があり、今も独自にその形を残しています。

ページの先頭に戻る