雅楽 GAGAKU

  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて
  • English
  • 早わかり
  • 歴史
  • 種目となりたち
  • ひろがり
  • 作品と鑑賞
  • 雅楽への招待
前のページにもどる

作品と鑑賞

  • 舞楽
  • 管弦
  • 国風歌舞
  • 催馬楽
  • 朗詠

各楽器の旋律が美しく重なり合う洒落た曲 黄鐘調(おうしきちょう):海青楽(かいせいらく)

あらまし

『海青楽』

唐楽(とうがく)に分類されていますが、渡来の曲ではなく日本で作られた楽曲です。

仁明天皇(にんみょうてんのう:在位833~850年)が宴(うたげ)を催した時、船が池を3回廻る間に新曲を作って中の島で奏せよとの勅命が下されました。そこで大戸清上(おおとのきよかみ)が笛部分を、尿麻呂(はりまろ)が篳篥(ひちりき)部分を即興的に作ったのがこの曲と言われています。

舞はなく管絃のみの楽曲です。

実際の展開

早八拍子(はややひょうし)、拍子十の曲です。

一般に早八拍子の曲は冒頭から五番目の小拍子(五小節目)で太鼓が打たれますが、この曲は冒頭から六番目の偶数の小拍子(六小節目)で太鼓を打つめずらしい様式になっています。現行曲ではこの曲と『林歌』のみがもつ様式です。

鑑賞のポイント

即興で作ったとは思えないほど、各楽器の兼ね合いが複雑な洒落た作りで、お互いの旋律が絡み合いながら、縫うように展開していきます。

美しく重なる楽器の旋律や、冒頭に聞こえてくる龍笛(りゅうてき)の哀愁を帯びた旋律を楽しみましょう。

ページの先頭に戻る