雅楽 GAGAKU

  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて
  • English
  • 早わかり
  • 歴史
  • 種目となりたち
  • ひろがり
  • 作品と鑑賞
  • 雅楽への招待
前のページにもどる

作品と鑑賞

  • 舞楽
  • 管弦
  • 国風歌舞
  • 催馬楽
  • 朗詠

唐楽と高麗楽の間で渡された珍しい楽曲

平成25年(2013年)3月2日 第72回雅楽公演 国立劇場小劇場 [出演]宮内庁式部職楽部

あらまし

高麗楽(こまがく)の平調に属する曲ですが、唐楽(とうがく)の平調(ひらじょう)にも渡された楽曲です。

由来は定かではありませんが、朝鮮の宮廷音楽で伝承されている『臨河』との関りがあるとする説もあります。

江戸時代には、11月の子日(ねのひ:十二支の子にあたる日)に行なわれた祭りで、大黒像と供え物を置き、この曲を奏する慣習があったといわれています。舞をともなう舞楽で奏されるとき、装束には各所に鼠(ねずみ)がモチーフとして用いられていることからも、鼠との関わりが推測できます。

また、現在は廃絶曲となっている催馬楽の『老鼠(おいねずみ)』にもこの曲の旋律がとり入れられていたといわれ、ジャンルを超えて親しまれていたことが伺えます。

実際の展開

唐楽の『林歌』では、早八拍子(はややひょうし)、拍子十二で奏されます。前半は盤渉調(ばんしきちょう)の徴(ち)を中心に旋律が構成され、この部分は高麗楽の『林歌』とほとんど変わりませんが、後半部分では主音である平調の宮(きゅう)が現れ、拍子の数も異なった展開となります。

映像を見る

鑑賞のポイント

この曲では、箏(そう)の特別な演奏法「輪舌(りんぜつ)」や、軽快な奏法の「早掻(はやがき)」、ゆったりした奏法の「閑掻(しずがき)」があわせて用いられ、難しい技法によって陰影に富んだ曲を効果的に演出しています。

ページの先頭に戻る