雅楽 GAGAKU

  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて
  • English
  • 早わかり
  • 歴史
  • 種目となりたち
  • ひろがり
  • 作品と鑑賞
  • 雅楽への招待
前のページにもどる

作品と鑑賞

  • 舞楽
  • 管弦
  • 国風歌舞
  • 催馬楽
  • 朗詠

鉾を持ち敵を平定する勇壮な一人舞 散手(さんじゅ)

あらまし

『散手』

『日本書紀』や『古事記』に記される、神功皇后(じんぐうこうごう:日本武尊[やまとたける]の息子・仲哀天皇[ちゅうあいてんのう]の后とされる人物)が朝鮮半島の広い地域を平定した三韓征伐(さんかんせいばつ)の様子を舞にしたものといわれています。また、釈迦誕生のときに師子喔王が作ったとの説もあり、この曲を演奏すると地が鎮まるといいます。嵯峨天皇(さがてんのう:在位809~823年)は、ことのほかこの曲を好み得意としていました。

曲と舞の流れ

まず、前奏曲として「太食調調子(たいしきちょうのちょうし:ミに相当する音をキーとする調子)」で始まり、笛は「品玄(ぼんげん:舞人登場の際に奏される自由リズムの楽曲)」を演奏します。この間に舞人は登場し、「出手(でるて・ずるて:舞人が舞台に登るときの所作)」を舞います。舞人が鉾(ほこ)を置くと笛が曲を終了させるための「吹止句(ふきどめく)」を奏します。演目の中心となる自由リズムの「当曲序(じょ)」、ゆるやかなリズムで奏される「当曲破(は)」と続き、最後に舞人が退出します。舞人の出入りに際しては、鉾を受け渡す番子(ばんこ)の役が登場します。

装束と面

赤と金を基調とし、威厳にみちた装束となります。裲襠装束(りょうとうしょうぞく:織物の中央に穴を開け、首を通してかぶる形の衣服を用いた装束)でも、勇壮な一人舞や二人舞で用いられることの多い、周囲を毛で縁どった毛縁装束(けべりしょうぞく)を着装。武将の顔をした面と、龍(りゅう)が珠(たま)を抱く姿を表す甲(かぶと)をつけ、黒漆(くろうるし)塗りの鉾を手に持ち、腰から太刀(たち)を下げて舞います。

鑑賞のポイント

舞、装束、舞道具すべてから、強敵を平定する武将の勇ましさや威厳を感じさせます。古くは「序」「破」「急(きゅう:早いリズムの楽章)」と一具そろった勇壮長大な曲であったと思われますが、現行の舞も武具を持って舞われる「武舞(ぶのまい)」の代表的な名曲として知られています。舞台上を右に左に勢いよく駆け抜けたり、鉾を振り回したり、大きな振りが多いのがこの演目の特徴です。左方(さほう)一人舞の難舞ともされていて、舞人の高い技術を鑑賞することができます。

ページの先頭に戻る