雅楽 GAGAKU

  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて
  • English
  • 早わかり
  • 歴史
  • 種目となりたち
  • ひろがり
  • 作品と鑑賞
  • 雅楽への招待
  • TOP >
  • 歴史 >
  • 明治期の改革と第二次大戦
前のページにもどる

歴史

明治期の改革と第二次大戦

雅楽局の設置と民間団体

明治の初め、皇居が東京へ移ります。そして、宮中での奏楽のために、新たに雅楽局(ががくきょく)が設置されました。ここへ三方楽所(さんぽうがくしょ)と、紅葉山楽人が一同に集められます。当初は、楽所の楽人のみで構成されましたが、まもなく楽家(がっけ)以外の一般の人にも、雅楽を伝習する門戸が開かれました。

さらに雅楽局では、外来の西洋音楽の伝習も行いました。朝鮮半島や中国大陸などから渡来した新しい楽舞を伝習することが、律令時代の雅楽寮の大きな役割であったという、古来の歴史が重なります。

また、三方楽人が東京へ移った近畿地方では、民間の有志による雅楽団体が結成され、社寺の雅楽の伝統が引き継がれることになります。そのほかにも、専門性の高い団体から同好会的なものまで、さまざまな民間団体が発足していきました。

楽統の整理と明治撰定譜

江戸時代までは、雅楽の伝承は楽所や楽家ごとに行われていました。しかし、独自に受け継がれてきた系統が、雅楽局へ1つにまとめられ、出身が異なる楽人同士が合同で教習するようになると、演奏する曲目や楽器の奏法などの流儀を統一する必要が生じてきます。

細部にわたる慎重な協議が重ねられ、曲目の選定などが行われました。そして、明治9(1876)年に新たな規範とするべき楽譜集が編纂され、明治21(1888)年には追加の楽譜集も編纂されました。これらを一般に『明治撰定譜』と呼び、現在の宮内庁式部職楽部(しきぶしょくがくぶ)の伝承も、この譜に基づいています。また、選定から外れた曲目は、「遠楽(えんがく)」と称されました。

また、神楽(かぐら)や催馬楽(さいばら)、朗詠(ろうえい)などは、それまで公家によって伝えられてきましたが、いったん皇室へ返上するという形をとって宮中の雅楽局に移され、この『明治撰定譜』に収められました。

宮内庁楽部と国立劇場

雅楽局は、その後もさまざまな変遷を経ながらも存続し、第二次世界大戦を迎えます。戦後、雅楽を受け継ぐ機関として、あらためて宮内庁式部職楽部[宮内庁楽部]が設けられたのは、昭和24(1949)年のことでした。

そして、昭和30(1955)年には、宮内庁楽部の雅楽が国の重要無形文化財に指定され、楽部の楽師は重要無形文化財保持者に認定されました。また、平成21(2009)年には、ユネスコの世界遺産「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」に記載されました。宮内庁楽部では、宮中の儀式や行事などで雅楽や西洋音楽を奏するとともに、次代をになう若者の養成も行っています。

一方、昭和41(1966)年に作られた国立劇場は、宮内庁楽部をはじめ各種雅楽団体の出演によって、開場当初から今日まで定期的に雅楽の公演が開催されています。国立劇場では、『明治撰定譜』に収録されなかった曲目の復曲や、現代作曲家による新作の公演なども行っており、現代の雅楽の潮流に大きな影響を与えています。

ページの先頭に戻る