雅楽 GAGAKU

  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて
  • English
  • 早わかり
  • 歴史
  • 種目となりたち
  • ひろがり
  • 作品と鑑賞
  • 雅楽への招待
前のページにもどる

歴史

国風化と雅楽の大成

楽曲の創作と楽器の淘汰

奈良時代には、おもに儀礼や祭祀などの場で奏されていた渡来の楽舞は、しだいに天皇をはじめ貴族たちにも愛好されるようになります。雅楽寮などの機関によって奏されるだけでなく、宮廷の暮らしにおいてもなじみ深いものになっていくなか、楽舞に対する日本人による理解は大きく進んでいきました。

そして、平安時代の始め頃には、ただ鑑賞するだけでなく、日本人による作曲や編曲がさかんに行われるほどとなります。とくに、仁明天皇(にんみょうてんのう:在位833~850年)の頃は、天皇自らが作曲したのをはじめ、すぐれた作曲家や作舞家がおおいに活躍しました。こうして雅楽の創作活動は、頂点を迎えたのです。

隆盛と左右両部制

『駒競行幸絵巻』部分
鎌倉時代

渡来した楽舞への理解が深まるなか、そのかたちも次第に日本独自のものへと変わっていきました。

まず、雑多に併存していた多くの楽舞が整理され、中国系の左方[左舞・唐楽]と朝鮮半島系の右方[右舞・高麗楽]という、2つの系統に大別されました。これは、朝廷を警護する左右の近衛府の官人たちが、楽舞に携わるようになったことと関わりがあるようです。

また、左右の似たタイプの演目同士を1組として奏する、番舞(つがいまい)という考え方も生まれます。これも、左右に分かれた近衛府の官人たちが、互い違いに楽舞を奏するなかで、次第に演目や装束などの演出法が定まっていったのではないかと考えられています。

こうして、現在の「舞楽(ぶがく)」につながる左舞・右舞のかたちが整えられていきました。

管絃の成立と宮廷歌謡

貴族たちがみずから宮廷内で奏するようになると、それまでにない雅楽のかたちが生まれました。舞をともなわない器楽だけの合奏を楽しむ、管絃とよばれる様式が成立したのです。用いられる楽器の種類も選別され、室内楽的な編成が形成されました。管絃はさかんに愛好され、さまざまな儀礼の際や、四季折々の自然を観賞するときなどに、宮廷生活に欠かせないものとなっていきます。

また平安時代には、諸国の民謡を取り入れた催馬楽(さいばら)や、漢詩文に節をつけた朗詠(ろうえい)などといった、雅楽の歌物も生まれます。これらの歌謡は宮廷でさかんになり、管絃とともに貴族たちに愛好されました。

こうして管絃は、漢詩・和歌とならぶ、宮廷社会に欠かせない貴族の教養となっていき、「詩歌管絃」という言葉も生まれたのです。

ページの先頭に戻る