雅楽 GAGAKU

  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて
  • English
  • 早わかり
  • 歴史
  • 種目となりたち
  • ひろがり
  • 作品と鑑賞
  • 雅楽への招待
  • TOP >
  • 歴史 >
  • 雅楽の源流:地図で見る 中国大陸からの伝来
前のページにもどる
  • 地図で見る 朝鮮半島からの伝来
  • 地図で見る 中国大陸からの伝来
  • 歴史TOPへもどる

歴史

地図で見る

中国大陸からの伝来

唐代の中国から、多様な楽舞が伝わります

古くから音楽文化が発達した中国では、すでに紀元前から「雅楽」という言葉が使われています。「雅」は「正」を意味し、儒教の祭祀のための音楽として受け継がれていました。

やがて中国に、西域などから多様な音楽が流入してきます。胡楽(こがく)と呼ばれるこれらの外来の音楽と、古くからの音楽が融合するなかからさまざまな楽舞が生まれ、唐の頃には宮廷を中心にさかんに奏されるようになりました。

そして、当時の宴のための楽舞であった燕楽(えんがく)が、遣唐使などによって日本へもたらされたのです。先進国であった唐から渡ってきた新しい楽舞は、のちに「唐楽(とうがく)」と呼ばれる、雅楽の大きな流れの1つとなっていきました。

コラム 唐楽のさまざまな源流

『螺鈿紫檀五絃琵琶』
現存する古代の五絃琵琶では唯一の名品。古代インドを起源とする

古くから中国では、さまざまな国々との交流が盛んで、アジア各地の歌や器楽も伝えられていました。現在の雅楽で使われている琵琶や篳篥などの楽器は、ペルシャやインドから中国にもたらされたものと思われます。たとえば、シルクロードのある敦煌(とんこう)の莫高窟(ばっこうくつ)から発見された琵琶譜と、正倉院に残されている天平時代の琵琶譜とは、似通う点が多く、これらの楽舞や楽器が西域から伝えられたことを示しています。

このほか、現在のベトナム付近の音楽である「林邑楽(りんゆうがく)」や、奈良時代に盛んになりその後は伝承の途絶えた「度羅楽(とらがく)」なども渡来し、唐楽として扱われました。

ページの先頭に戻る