雅楽 GAGAKU

  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて
  • English
  • 早わかり
  • 歴史
  • 種目となりたち
  • ひろがり
  • 作品と鑑賞
  • 雅楽への招待
前のページにもどる

歴史

楽人列伝

  • もくじ
  • 平安時代
  • 鎌倉・室町時代
  • 江戸時代
  • 明治時代以降

林広守(はやしひろもり:1831~1896年)

  • 広倫(ひろみち)の子で、広就(ひろなる)の養子
  • はじめは広金、安政2(1855)年に広守と改める
  • 本姓は太秦(うずまさ)

広守は、左舞(さまい)と笙(しょう)を伝承する天王寺方の楽家(がっけ)の林家に生まれました。

幕末から明治にかけての笙の名手として知られ、三方及第(さんぽうきゅうだい:注)に満札で上芸に合格した数少ない楽人の1人です。笙の製作も得意としました。

明治初期には、東京に新たに設置された雅楽局の創設期に尽力しました。当時は西洋音楽の伝習も開始されましたが、広守は伝習しませんでした。国歌「君が代」の撰定者としても知られています。

(注)幕府から支給された楽所領の配分をめぐって上芸、中芸を決める必要から行われた江戸時代の試験制度です。京都、南都、天王寺の三方から8人ずつ選ばれた入札之輩[採点者]が、自分の所属する楽所とは異なる楽所の受験者のみに投票しました。

上真行(うえさねみち:1851~1937年)

  • 上真節(うえさねたけ)の子
  • 本姓は狛(こま)

真行は、南都(なんと)方の左舞(さまい)と笛を伝承する楽家(がっけ)の上家に生まれました。

明治3(1870)年に新たに設置された雅楽局の伶人[楽人]となり、明治7(1874)年には東上を命じられ東京へ移りました。翌年には、西洋音楽の伝習も命じられ、日本で最初のチェロ奏者ともなりました。

明治10年代には、当時宮内省の伶人らによって進められていた教育に用いる保育唱歌の作曲にも携わりました。その後、明治26(1893)年に祝日大祭日唱歌の「一月一日」を作曲したのをはじめ、唱歌の作曲にも大きな足跡を残しています。また、明治天皇の大喪のさいの誄歌(るいか)の再興、大正天皇の大嘗祭(だいじょうさい:天皇が即位後初めて行う新嘗祭)の際の悠紀(ゆき)、主基風俗歌舞(すきふぞくかぶ)の新作などにも関わりました。

そのほか、正倉院楽器の調査に携わり、東京音楽学校教授を兼務したほか、漢詩や書をよくしたことでも知られています。

ページの先頭に戻る