雅楽 GAGAKU

  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて
  • English
  • 早わかり
  • 歴史
  • 種目となりたち
  • ひろがり
  • 作品と鑑賞
  • 雅楽への招待
前のページにもどる

種目となりたち

  • 舞楽
  • 管弦
  • 国風歌舞
  • 歌物
  • 楽器
  • 装束と面
  • 舞台と演者

演奏のかたち 付物と拍子

国風歌舞(くにぶりのうたまい)の演奏では、ほかの種目ではあまり用いられない日本独自の楽器が活躍します。なかでも笏拍子(しゃくびょうし)は、演奏の進行上、重要な役割を果たします。

楽器による伴奏

『東遊』

国風歌舞(くにぶりのうたまい)は、装束や舞が古風で素朴であるように、音楽もすっきりとしています。

声楽の伴奏に用いられる楽器「付物(つけもの)」は、和琴(わごん)、横笛、篳篥(ひちりき)の3つです。このほかに、歌の主唱者は笏拍子を用います。和琴は国風歌舞のみ、笏拍子は国風歌舞と催馬楽(さいばら)のみで使われる日本独自の楽器です。

横笛は、曲の種類によって使いわけられ、御神楽(みかぐら)では神楽笛、東遊(あずまあそび)では高麗笛(こまぶえ)、久米舞(くめまい)と和舞(やまとまい)では龍笛(りゅうてき)が用いられます。

渡来系の楽器である篳篥の演奏法は、舞楽や管絃と異なり、歌やほかの楽器の音色に調和するよう、歌に寄り添うように弱い息で柔らかく奏でます。

歌方〔歌唱者〕は複数の人数で構成されますが、付物は各楽器1人ずつで演奏にあたります。

笏拍子によるリズム

自由リズムの曲が多い国風歌舞では、笏拍子は、演奏を彩る音色としてだけでなく、演奏の進行上でも欠かせない楽器です。

歌唱を担当する歌方(うたかた)の主唱者は手に笏拍子を持ち、それを打って拍子をとりながら歌をリードします。この主唱者を、「拍子」または「句頭(くとう)」などと呼びます。

笏拍子は、揚拍子(あげびょうし)などの拍節的な曲では拍に縁取りを与える役割を担います。自由リズムの曲では、歌唱者と付物との間合いをはかって進行を調整し、一定のリズムのない無拍の曲の合奏を統率します。

(注)東遊で用いる横笛は本来中管でしたが、現在は廃絶したため、高麗笛で代用しています。

笏拍子(しゃくびょうし)

束帯を着用する時に、手にもつ笏(しゃく)を縦に割ったような形状の楽器。長さは約36センチ。幅の短いほうを手に持ち、左は切り口を上に、右は切り口を左に向けて打ち鳴らします。

閉じる

ページの先頭に戻る