雅楽 GAGAKU

  • サイトマップ
  • クレジット
  • このサイトについて
  • English
  • 早わかり
  • 歴史
  • 種目となりたち
  • ひろがり
  • 作品と鑑賞
  • 雅楽への招待
前のページにもどる

種目となりたち

  • 舞楽
  • 管弦
  • 国風歌舞
  • 歌物
  • 楽器
  • 装束と面
  • 舞台と演者

演奏のかたち 声楽を主体とした楽曲

国風歌舞(くにぶりのうたまい)は、複数の曲を組み合わせた形式のものが多く、その一部分に舞がともないます。演奏の中心である声楽が曲をリードし、楽器は伴奏や助奏として声の音楽をサポートします。

舞をともなう組曲形式

『久米舞』

国風歌舞(くにぶりのうたまい)は、楽曲や楽章を複数組み合わせ、全体として1つとなるように作られた組曲の形式をとるものが多数あり、一部に舞がともなうことが特徴です。

組曲の形式を持つものには、御神楽(みかぐら)や東遊(あずまあそび)、久米舞(くめまい)などがあり、舞は演目の一部分に限られます。

御神楽は、現在伝わる10余曲のうち2曲に、東遊は5曲のうち2曲に舞がともないます。4部分で構成される久米舞は、「揚拍子(あげびょうし)」の部分にのみ舞がつけられています。いずれも、原則として一定の拍でリズムが繰り返される拍節的な曲や部分に舞がともない、楽器とともに演奏の中心である声楽を彩ります。

声楽を器楽が伴奏・助奏する様式

『久米舞』

国風歌舞では、楽器は伴奏や助奏として演奏の主体である歌をサポートする役割を担います。

楽器の編成は、和琴(わごん)や笏拍子(しゃくびょうし)など日本独自の楽器が積極的に用いられて、渡来系の楽舞を源流にもつ舞楽や管絃の編成とは大きく異なっています。

笏拍子(しゃくびょうし)

束帯を着用する時に、手にもつ笏(しゃく)を縦に割ったような形状の楽器。長さは約36センチ。幅の短いほうを手に持ち、左は切り口を上に、右は切り口を左に向けて打ち鳴らします。

閉じる

ページの先頭に戻る